e地産地消

万願寺とうがらし

万願寺とうがらし

名称 万願寺とうがらし
都道府県名 京都府
区分 野菜類
分類 ナス科トウガラシ属
学名 Capsicum annuum L. var. Acuminatum
外国語名 green pepper
生産地 舞鶴市、綾部市、福知山市など
収穫地域情報 京都府中部の中丹地方で産する。
別名 万願寺甘とう
由来 舞鶴市の万願寺地域で誕生したことから。
歴史背景 大正末期、在来種の伏見とうがらしとカリフォルニア・ワンダーという大型とうがらしが交雑してできたのではないかといわれる。長く舞鶴市内だけで流通していたが、20年ほど前から京都市場に出回るようになった。 在来種にはときどき辛いものや実が紫がかる着色果実があるため、品種改良した京都万願寺1号が2007年から、辛い実がまったくなく紫がかる実がない京都万願寺2号が2011年から流通している。
時期 5月上旬〜9月中旬
特徴 とうがらしの王様といわれる大型のとうがらし。果実は大型で長さ15cm、重さ15g程度の中晩生種で、果肉は分厚くてやわらかく甘味がある。種子も少なく、独特の風味がある。煮ても焼いてもおいしい。
料理名 焼きとうがらし、佃煮、天ぷら、肉詰めなど
調理法 フライパンや網で焼き、鰹節としょう油をかける焼きとうがらしが一般的な食べ方。
加工品 漬け物など
選び方 切り口がしっかりしていて、色の濃いものがよい。
保存方法 ポリ袋に入れ、冷蔵する。
栄養 β−カロテン、ビタミンC、食物繊維が多い。
問い合わせ先 公益社団法人 京のふるさと産品協会
http://kyo-furusato.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。