e地産地消

岡山白桃

岡山白桃

名称 岡山白桃
都道府県名 岡山県
区分 果実類
分類 バラ科モモ属
学名 Amygdalus persica L.
外国語名 Peach
生産地 岡山市一宮地区、赤磐市、玉島地区
収穫地域情報 雨が少なく温暖な瀬戸内の気候は、桃などの果物栽培に適している。 岡山県は降水量は非常に少なく、「晴れの国」として知られている。
栽培情報 肥沃な土壌づくりをはじめ、枝のせん定、人工授粉、摘果、袋掛け、収穫、選果まで、手間をかけて栽培されている。また、品種改良を重ねた結果、より甘くおいしい白桃を実現した。
別名 本白桃
由来 完熟しても果皮が乳白色であることが名前の由来
歴史背景 明治時代から岡山県で生産されている日本の桃の元祖。この白桃を改良して「白鳳」や「浅間白桃」、「あかつき」などの品種が誕生した。高い品質が世界中で評価されている。
伝来 中国から導入された「上海水蜜」を改良し、1901(明治34)年に生まれた。
時期 7月中旬〜8月中旬
特徴 品種に関係なく、ひと玉ひと玉袋を掛けて育てることにより、ジューシーに仕上げた岡山県産の桃の総称。皮は白に薄い紅色がかかり、上品な甘さと、繊維質の少ない、とろけるような食感が特徴。
下処理 食べる前に、冷蔵庫で1時間ほど冷やすのがおすすめ。ただし、冷やし過ぎると甘味が少なくなることがあるので注意する。
加工品 ジャム、コンポート、缶詰
選び方 ふっくらときれいな丸みがあるものを選ぶ。また果皮全体にうぶ毛があるものがおいしい。
保存方法 かたい桃は室温で保存すると果肉がやわらかくなるので、新聞紙で包み、乾燥しないように日光や風を避けて保存する。軽くふれて、やわらかみを感じれば食べごろ。熟した桃は傷みやすいので、早く食べきるようにする。
栄養 果実としては、ビタミンC含量はきわめて少ない。ナトリウム、カリウム、食物繊維、ビタミンE、ナイアシンなどを含む。抗酸化作用を持つポリフェノール類を含む。
問い合わせ先 岡山県東京事務所 TEL:03-5212-9080

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。