e地産地消

青パパイヤ

青パパイヤ

名称 青パパイヤ
都道府県名 沖縄県
区分 野菜類
分類 パパイア科パパイア属
学名 Carica papaya
生産地 読谷村、豊見城市
別名 パパヤ(沖縄本島)、マンジュウギ(宮古)、マンジュイ(石垣)
歴史背景 沖縄では、18世紀ごろから、葉野菜が少なくなる暑い夏の貴重な野菜として、熟す前のパパイヤが用いられてきた。
伝来 熱帯アメリカ原産。18世紀ごろ台湾を経て沖縄に入ってきたといわれている。
時期 通年
特徴 淡泊な味で、様々な料理に合う。煮ると大根のような食感がある。
下処理 皮を剥き、生食の場合は、塩をふり流水にさらしてアクを抜く。
料理名 サラダ、煮物、炒めもの
調理法 千切りにしてサラダや炒めものなどに利用する。
選び方 艶のある緑色で重量感のあるものを選ぶ。
保存方法 切ったものはラップで包んで冷蔵庫で保存し、早めに消費する。
栄養 カリウムが豊富。パパインというたんぱく質分解酵素を含むため、肉や魚とともに食べると消化によい。
問い合わせ先 沖縄県農林水産部 流通政策課
http://www.okireci.net/dentou/index.php?dispatch=products.view&product_id=28

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。