e地産地消

王滝かぶ

王滝かぶ

名称 王滝かぶ
都道府県名 長野県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica rapa var. glabra
外国語名 turnip(英)、navet (仏)
生産地 王滝村
収穫地域情報 王滝村は、木曽・御嶽山の麓の高冷地で、王滝かぶは特産品である。
由来 王滝村で産することから。
歴史背景 王滝村に残る約300年前の古文書に、尾張藩への年貢として出したとの記録がある。また、元禄時代の俳人小西凡兆が「木曽の酢茎(すんき)に春もくれつつ」と詠んでいることから、これ以前から栽培されていたと考えられる。
時期 10月中旬〜11月中旬
特徴 葉柄は太く光沢がある。根は赤紫色で、肉質は緻密でやわらかい。長年、自家採種してきたため、根の形は農家によって微妙に違いがある。葉はすんき漬に加工される。
料理名 葉は塩を使わず、乳酸発酵させたすんき漬けにする。その漬け物を、味噌汁、蕎麦の具、すんき汁、炒めものなどに使う。根は甘酢漬け、ぬか漬け、煮物、あんかけなどに
加工品 甘酢漬け、すんき漬け、ドレッシングなど
栄養 葉はβ−カロテン、ビタミンC、K、カルシウム、葉酸、鉄などが多い。ジアスターゼも含む。根はビタミンC、食物繊維、カリウムなどを含む。
問い合わせ先 王滝かぶ研究会 TEL:0264-48-2001

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。