e地産地消

ざざむし

ざざむし

名称 ざざむし
都道府県名 長野県
区分 肉類
生産地 伊那地方の天竜川沿い
収獲地域情報 諏訪湖から流れ出る天竜川の渓流で冬に獲る。一般の人々もざざむし漁を楽しむ。4本の木を十文字に曲げ、網を三方に張り巡らした四ツ手網を使って、石の裏側に張りついているカワゲラなどを、上流からだんだん下流に追い込んですくい捕らえる。
由来 渓流の流れが緩やかなところは、静かにザーザーと流れるため、このような場所が「ざざ」と呼ばれ、すみかとするカワゲラなどが「ざざむし」と呼ばれるようになった。
歴史背景 古くからこの地方で食べられてきた。1919(大正8)年の農商務省調査によると、昆虫を食すのは長野県の17種類がトップで、その代表が、「はちのこ」と「ざざむし」だった。1953(昭和28)年ころから土産物として売られるようになっている。
時期 12月〜2月
特徴 水生昆虫の幼虫を食用とするときの総称。佃煮はかつては「カワゲラ」が主体であったが、現在は「ヒゲナガカワトビケラ」が主になっている。独特の歯ごたえと旨味が酒のつまみとして愛好されている。
料理名 佃煮など
調理法 佃煮の作り方。たっぷりのぬるま湯で、生きたザザムシ1kgを数回洗って川砂を取る。ざるに上げ、よく水分を切る。
鍋に醤油1合、みりんまたは酒を適量、砂糖300gを入れてざざむしを加え、強火で煮込む。 汁が煮立ってきたら中火にして、水分がほとんどなくなるまでじっくり煮込む。
加工品 ビン詰め、缶詰など
栄養 タンパク質が主成分。
問い合わせ先 伊那市観光協会 TEL:0265-78-4111
http://inashi-kankoukyoukai.jp/cms2/archives/1511

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。