e地産地消

はちのこ

はちのこ

名称 はちのこ
都道府県名 長野県
区分 肉類
分類 スズメバチ科クロスズメバチ属
学名 Vespidae flaviceps
外国語名 wasp
生産地 伊那地方、諏訪・飯田地方
収獲地域情報 諏訪・伊那・飯田地方を中心に、それぞれの村にはちのこ採集の「スガレ追い名人」がいて、夏から秋には、県内だけでなく県外まで足を伸ばして獲る。目印の真綿をつけたエサを蜂にくわえさせて追いかけたり、蜂の飛行を目を皿にしてたどって巣を探しあて(スカシ)たりする。スガレ追いは、ハチのいそうな野山に分け入り、カエルや魚の肉をえさに待つ。ハチがやってきて、肉を食いちぎり飛び去るようになると、肉片に、目印になる真綿を糸状に結び、くわえて飛び去ったハチのあとを追う。巣のありかを見つけると、巣の入口に煙幕を差し込み、煙でハチを仮死状態にさせる。土を掘り、巣を採取する。
別名 クロスズメバチの幼虫を指す(成虫や蛹を含む場合もある)。地元ではスガレ、スガルと呼ぶ
歴史背景 古くからこの地方で食べられてきた。明治時代には佐久で、大正時代になると、伊那ではちのこの佃煮が商品として売られていた。1919(大正8)年の農商務省調査によると、昆虫を食すのは長野県の17種類がトップで、その代表が、「はちのこ」と「ざざむし」だった。
特徴 醤油・砂糖・みりんで煮つける甘辛煮がもっともポピュラー。佃煮は甘みがあり、素揚げはエビのような味になる。
下処理 蜂の巣を新聞紙に包み、蒸し器で約5分蒸す。ピンセットでそっと1匹ずつ取り出す。
料理名 甘辛煮、佃煮、素揚げ、フライパンで炒って塩を振ったもの、佃煮の混ぜご飯など
調理法 甘辛煮の作り方。フライパンを熱して油を入れ、はちのこをひっくり返しながらカラカラになる寸前まで炒める。鍋に醤油、砂糖、みりんを加えてひと煮立ちさせる。そこへはちのこを加えて数秒ほど絡めてできあがり。半日ほど寝かせるとさらに味がしみ込んでおいしくなる。
加工品 ビン詰め、サプリメントなど
栄養 タンパク質が主成分。炭水化物、脂質も含む。ビタミンB1、B2、パントテン酸が比較的多い。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。