e地産地消

聖護院かぶ

聖護院かぶ

名称 聖護院かぶ
都道府県名 京都府
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica campestris
生産地 亀岡市篠町、南丹市日吉町
収穫地域情報 主産地の篠町が位置する亀岡盆地は、昼夜の気温差が大きく、濃い朝霧が立ち込める。その霧が、甘さやみずみずしさ、緻密な肉質を作りだすもとになっている。
由来 京都市左京区の聖護院の篤農家が栽培を始めたことから。
歴史背景 江戸時代の享保年間(1716〜1736年)に、山城国愛宕郡(現在の京都市左京区)聖護院の篤農家伊勢屋利八が、近江の国堅田から近江かぶの種子を持ち帰り栽培し、改良を加えたところ、肉質がきめ細かで緻密な品質のよい大かぶになった。千枚漬けは天保年間から塩漬けとして作られ始める。1865(慶応元)年に御所の料理人大黒屋籐三郎が、北海道産の昆布と組み合わせる現在の方法を考案した。
時期 11月〜2月(千枚漬けは3月ころまで食べられる)
特徴 直径20cm以上の球形で、重さ2〜5kgになる大型のかぶ。肉質がきめ細やかで真っ白い肌が特徴。その美しさは「畑の宝石」と呼ばれる。かぶ独特の風味があり、甘みがある。歯切れがよい。
料理名 千枚漬け、蒸し物、サラダ、グラタン、スープなど
調理法 皮の周りは固い繊維で覆われているので、皮は厚めに剥く。
加工品 千枚漬け
選び方 根の皮にハリとツヤがあるもの、葉は緑色でみずみずしいものを選ぶ。
保存方法 葉つきのものは、葉と根を切り分け、それぞれ新聞紙に包んで風通しのよい冷暗所に保存する。
栄養 葉は緑黄色野菜でβ−カロテン、ビタミンB群、C、E、カルシウム、カリウム、鉄、食物繊維を含む。根は淡色野菜でカリウム、ビタミンC、食物繊維を含む。
問い合わせ先 公益社団法人 京のふるさと産品協会
http://kyo-furusato.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。