e地産地消

すぐき菜

すぐき菜

名称 すぐき菜
都道府県名 京都府
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica rapa var. neosuguki
生産地 京都市北区上賀茂、大宮、左京区松ヶ崎
別名 加茂菜、屋敷菜、里菜、すいぐき
由来 まろやかな酸味を持つことから、「酸茎(すぐき)」と称されたのが始まり。
歴史背景 古くから北区上賀茂に伝承するもので、起源は定かでなく、約300年前と推察される。元禄時代に出版された「本朝食鑑」に「年を経て酸味を生ずるので酸茎と称す」と記されている。長く上賀茂地域だけで栽培され、庶民の口に入るようになったのは明治時代の終わりころから。大正・昭和になり、東京へも消費地が広がった。
時期 11月〜1月
特徴 かぶの一種で、京都の在来野菜。根は円錐状であり、葉は濃緑色で、葉・根ともに大別して三つの系統群がある。独得の芳香と風味がある。漬け物のすぐきの材料となる。
料理名 漬け物、お浸しなど
加工品 漬け物(すぐき)
選び方 葉が青々としてハリがあるものを選ぶ。根はツヤとハリがあるものがよい。
保存方法 葉を切り落とし、葉と根をそれぞれ新聞紙で包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に保存する。
栄養 葉にはβ−カロテンが多く含まれる。ビタミンC、カリウム、カルシウムなどを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。