e地産地消

加賀太きゅうり

加賀太きゅうり

名称 加賀太きゅうり
都道府県名 石川県
区分 野菜類
分類 ウリ科キュウリ属
学名 Cucumis sativus
生産地 金沢市打木町、かほく市
由来 太い形から。
歴史背景 金沢で栽培が始まったのは、1936(昭和11)年。金沢市久安町の篤農家・米林利雄が、仲買人から煮食用の東北の短太系きゅうりの種子を譲り受け、近在の野菜農家7人に分けたのがきっかけとなった。当時は瓜に近く、三角形で果色は黄色だったそうだが、長い年月の間に、近在で栽培していた金沢節成りきゅうりとの自然交雑により、丸みを帯びた形、果色も濃い緑色へ変化。1952(昭和27)年ころに現在の形になった。
1970(昭和45)年ころから、産地はそれまでの金沢市街地から砂丘地の打木地区に移動。栽培方法も露地からハウスや温室に変わり、1975(昭和50)年ころに、本格的にブランド化。系統選抜による共同採種で形状・品質の安定を図っている。
伝来 江戸時代に、シベリア大陸から渡来し、在来種との交雑で生まれたと考えられている。
時期 4月上旬〜11月下旬
特徴 長さ22〜27cm、太さ6〜7cm、重さ700g〜1kgほどと、太くてずんぐりしている。果肉が厚いがやわらかく、舌触りが滑らかで甘味がある。漬物よりも香りと甘味を生かす煮物の素材として最適。食味、日持ちがよい。
下処理 皮を剥いて、種を取る。
料理名 あんかけなど煮込み、蒸し物、酢の物など和え物、炒め物、サラダなど
調理法 煮る、蒸す、炒めるなど加熱料理に適するが、薄切りにして和え物、サラダ、浅漬けなどにも。
選び方 濃い緑色で、上から下まで太さが均一なもの。張りがあり、しっかりしているものを選ぶ。
保存方法 冷蔵庫の野菜室で保存。
栄養 約96%が水分で、カリウム、食物繊維を含むが、目立った栄養成分はない。
問い合わせ先 石川県生産流通課 TEL:076-225-1621

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。