e地産地消

毛馬きゅうり

毛馬きゅうり

名称 毛馬きゅうり
都道府県名 大阪府
区分 野菜類
分類 ウリ科キュウリ属
学名 Cucumis sativus
生産地 河内長野市、大阪府南東部、大阪府阪南地区
由来 発祥の地、毛馬(けま)にちなんでいる。
歴史背景 1863(文久3)年の「大阪産物名物大略」に記載がみられ、香りがよくパリパリとした歯触りを生かし、おもに粕(奈良)漬けに重宝されていた。その後は栽培が減り、1955(昭和30)年ころには「幻の野菜」になっていた。しかし、1996(平成8)年、幻の野菜となっていた毛馬きゅうりの復活のために、「なにわの伝統野菜 毛馬きゅうり普及事業」が始まり、1998(平成10)年に大阪府農林技術センター(現・大阪府立食とみどりの総合技術センター)が復活に成功し、現在も種の増殖が行われている。また、「蕪村くん」(都島区で生まれた偉人、与謝野蕪村にちなんで)というマスコットも登場した。また、2005(平成17)年に設立された「毛馬きゅうり復活運動推進委員会」を中心に普及活動が行われ、学校を始め区内各所で毛馬キュウリが栽培されている。
伝来 江戸時代の終わりごろ台湾から渡来し、毛馬村(現・都島区毛馬町付近)で栽培されていた。
時期 6月〜8月
特徴 長さ30cm、太さ3cmほど。上半分が淡緑色から淡黄緑色、下半分は白っぽくなる。イボは黒いが小さくてあまり目立たない。系統的には北支系雑種とされている。皮はかたく、苦みがあり、歯ごたえ十分。軟化しにくく水っぽくないため、生食だけでなく、加熱調理にも向く。塩茹ですると鮮やかな緑色になる。
下処理 加熱調理の場合、皮を剥いたほうが苦みが緩和し、舌触りやわらかな仕上がりになる。
料理名 漬物
調理法 炒め物、漬物など。
加工品 奈良漬け、ぬか漬けなど漬物類
選び方 長さ25〜30cmほどのもの。全体に張りがあり、みずみずしいものを選ぶ。
保存方法 新聞紙などに包むかポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 90%以上が水分で、カリウムやβ−カロテン、食物繊維などを含むが少量で目立った栄養素はない。
問い合わせ先 大阪ブランド情報局
http://www.osaka-brand.jp/dokkoi/yasai/index1.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。