e地産地消

小鮎

小鮎

名称 小鮎
都道府県名 滋賀県
区分 魚介類
分類 キュウリウオ科アユ属
生産地 琵琶湖沿岸
由来 琵琶湖育ちの鮎は10cm程度にしか大きくならないため、小さい鮎「小鮎」と呼ばれる。
時期 5月〜8月上旬
特徴 別名、香魚とも呼ばれる鮎は、滋賀県の代表的な湖の幸。春に川をのぼって大きくなる鮎(大鮎)と、琵琶湖にとどまり10cm程度にしか大きくならない鮎(小鮎)がいる。小鮎は骨がやわらかく、頭から丸ごと食べられる。主に佃煮に加工される。
料理名 塩焼き、天ぷら、南蛮漬け、佃煮
加工品 佃煮
栄養 主成分はタンパク質。カルシウムを多く含む。
問い合わせ先 滋賀県漁業協同組合連合会 TEL:077-524-2418

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。