e地産地消

弘岡かぶ

弘岡かぶ

名称 弘岡かぶ
都道府県名 高知県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
生産地 高知市春野町弘岡地区
収穫地域情報 高知市春野町弘岡地区一帯は、仁淀川河口に開けた肥沃な沖積土である。
歴史背景 起源は天王寺かぶ説、聖護院かぶ説などいろいろある。明治年間に土佐市高岡の高橋虎次氏が「トラカブ」と呼ばれる系統を選抜し、この系統が大正初期春野町弘岡に入り、選抜と自家採種が重ねられて今日に至っている 。
時期 11月〜2月中旬
特徴 白くなめらかな肌が特徴。直径20cm程度、重さ800g〜1kgの楕円形になる大型のかぶ。甘味があり肉質がやわらかくべったら漬に適する。
料理名 漬物、煮物、蒸し物
保存方法 根と葉を切り分けてポリ袋などに入れて冷蔵庫に保存する。葉は黄変しやすいため、早めに使い切るほうがよい。
栄養 葉にはβ−カロテン、ビタミンCなどを含む。根にはでんぷんを分解する酵素アミラーゼが含まれる。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。