e地産地消

ぎんぶろう(銀不老)

ぎんぶろう(銀不老)

名称 ぎんぶろう(銀不老)
都道府県名 高知県
区分 豆類
生産地 大豊町
由来 艶のある黒色であることから「ぎん(銀)」、活力を与え若さを保つことから「ふろう(不老)」と名づけられたと考えられている。
歴史背景 昔から大豊町の山畑で自家用に栽培されてきたインゲン豆の一種。当地では、ハレの日にぎんぶろう入りの五目寿司が作られてきた。近年、よさが認められ流通するようになり、食育の一環として、学校、保育園の給食にも使われている。
伝来 1750年ころに上桃原集落の「お銀」という人が權太夫という旅人から「フロウ」とよばれる豆の種を譲り受けて栽培したのが始まりで「ギンブロウ」とよばれるという伝承があることから、他所から種子が持ち込まれ、定着したと考えられる。
時期 10月〜11月に収穫
特徴 小豆と黒豆の中間くらいの大きさの豆で、ホクホクした食感とほんのり甘味があるのが特徴。
料理名 ぎんぶろうずし(五目寿司)、なべもち(おはぎ)
加工品 まんじゅう、ロールケーキ、アイス、そば
保存方法 乾燥豆は、冷暗所で保存。
栄養 デンプンとタンパク質が主成分。皮にアントシアニンが含まれる。
備考 高知県大豊町が「銀不老」を商標登録。
問い合わせ先 大豊町農業センター TEL:0887-73-0978

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。