e地産地消

阿蘇高菜

阿蘇高菜

名称 阿蘇高菜
都道府県名 熊本県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica juncea var. integrifolia
生産地 阿蘇地方、清和村、矢部町
栽培情報 機械を使わずに1本ずつ手で収穫。茎を手折ってとることから、阿蘇では収穫作業を「高菜折り」と呼ぶ。
別名 江戸菜
歴史背景 減反政策であまった農地を利用して、高菜の生産が盛んになった。その後、高菜漬けは阿蘇の特産品として定着。現在では海外にも出荷されている。
伝来 原産地は中央アジア。9〜10世紀ころの文献に「多加菜」「加良之」などの記載があり、この時代に、中国から伝えられたと考えられている。
時期 3月下旬〜4月中旬
特徴 からし菜の一種で、一般的な高菜と比べると小さめ。茎が細くて歯ごたえがあるのが特徴。阿蘇の高菜漬けには、弱めの塩分で数日間漬けた「新漬け」と、強めの塩分で1年ほどつけた「古漬け」がある。
料理名 チャーハン、高菜めし、高菜炒め
調理法 数日間漬けた新漬けは香りを生かしてご飯のお供に。約1年漬けた古漬けは、油炒めや高菜めしなどの料理に利用。
加工品 高菜漬け、辛子高菜
選び方 葉が濃い緑色で葉先までみずみずしいもの。黄ばんだ葉が混ざっていないものを選ぶ。
保存方法 加工されていない高菜を保存する場合は、ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存する。
栄養 β−カロテン、葉酸、ビタミンC、カルシウムなどが多い。
問い合わせ先 阿蘇たかな漬け協同組合
http://asotakana.com

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。