e地産地消

桜島小ミカン

桜島小ミカン

名称 桜島小ミカン
都道府県名 鹿児島県
区分 果実類
分類 ミカン科ミカン属
学名 Citrus kinokuni
生産地 鹿児島市(桜島) 霧島市(福山)
収穫地域情報 桜島は火山灰土壌のため稲作に適さないため、桜島小ミカンは重要な商品作物のひとつとなっている。
栽培情報 樹齢200年以上の大木もあり、一本の木から数百kgの果実が収穫されることもある。
別名 島みかん
品種名は紀州みかん、無核紀州
歴史背景 徳川家康に献上されたこともあると伝えられる桜島小ミカン。古くは「向島蜜柑」または「赤蜜柑」と呼ばれていたが、1658(万治2)年ころから桜島蜜柑と呼ばれるようになった。1779(安永8)年の安永大噴火や1914(大正3)年の大正大噴火によって大きな被害を受けた。
伝来 伝来についてはいくつかの説があり、肥後八代の高田みかんが伝わったとする説のほか、島津義弘が朝鮮半島から持ち帰ったとする説や、関ヶ原の戦いのあとに紀伊国から持ち帰ったとする説もある。
時期 12月
特徴 鹿児島県の桜島で栽培されている柑橘類の一種。強い甘味が特徴。
料理名 生で食べるほか、菓子類(ジュース、ゼリー、シャーベットなど)
調理法 皮は乾燥して小さく刻み、うどんやそばの薬味として。
加工品 ジュース、ソフトクリーム、ジャム、ドレッシング、マーマレード、ゼリー
選び方 皮の色が濃く張りのあるもの。皮が日焼けしたものは、水分が不足して味が落ちているため避ける。
保存方法 風通しがよく涼しい場所で保存する。箱で購入した場合、腐ったみかんがあれば排除し、ふたを開けたままにしておく。
栄養 ビタミンC、食物繊維など。
問い合わせ先 鹿児島県農政部農政課 食育・地産地消推進班 TEL:099-286-3093

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。