e地産地消

フーチバー

フーチバー

名称 フーチバー
都道府県名 沖縄県
区分 野菜類
分類 キク科ヨモギ属
生産地 八重瀬町
別名 ヤツーウサ(宮古) 、 ヤタフツイ(石垣)、ニシヨモギ
歴史背景 古くから細かく刻んで炊き込みご飯に入れたり、山羊料理などの臭み消しとして使われた。
また、薬草としては「万病に効く」とされ、葉を煎じて茶として飲んだり、干した葉を入浴剤として利用している。
時期 通年
特徴 通常のヨモギとは異なり、苦味がやわらかなのが特徴のニシヨモギと呼ばれる品種。
料理名 フーチバージューシー(炊き込みご飯、雑炊)、ヒージャー汁(山羊汁)、沖縄そば
調理法 沖縄そばの具や山羊肉の臭み消しとして用いられる。
加工品 茶、入浴剤
選び方 斑点の無い濃い緑色の葉で、やわらかいものを選ぶ。
保存方法 新聞紙などに包み乾燥を避け、立てた状態で冷蔵する。
栄養 β−カロテン、ビタミンB1、B2、葉酸、カルシウム、カリウム、鉄などを多く含む。
問い合わせ先 おきレシ
http://www.okireci.net/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。