e地産地消

シイクワシャー

シイクワシャー

名称 シイクワシャー
都道府県名 沖縄県
区分 果実類
分類 ミカン科ミカン属
学名 Citrus depressa
生産地 大宜味村、名護市
別名 シクワサー、シークヮーサー、シークワーサー、シークワーシャー、ヒラミレモン
由来 「シイ(酸、酸っぱいもの)」を「クワシャー(食べ物、食わせるもの)」という方言。
歴史背景 古くから、沖縄県全域に自生している。
がん抑制効果が話題となり一時期ブームとなった。
時期 8月〜9月:酢の物用、10月〜12月:ジュース用、12月〜2月:生食用
特徴 通常は、皮が緑色の時期に青切りで収穫する。3〜4cmほどの大きさで、皮が薄い。さわやかな風味があり、糖度が少なく酸味が強い。
調理法 果汁に甘味を加えジュースに使用する。また、食酢として料理に利用できる。お酒に加えて風味づけにも。
黄色く熟したものは生食する。
加工品 ジュース、缶チューハイなど
選び方 食酢として利用する場合は青いものを、生食する場合は黄色く十分に熟したものを選ぶ。
保存方法 ポリ袋に入れ冷蔵保存。果汁や果実丸ごとを冷凍庫で保存可能。
栄養 ビタミンC、B1、クエン酸を多く含む。ほかの柑橘類に比べ、フラボノイドの一種ノビレチンの含有量が多い。
問い合わせ先 おきレシ
http://www.okireci.net/foods/shikwasa.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。