e地産地消

ちんげんさい

ちんげんさい

名称 ちんげんさい
都道府県名 茨城県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica chinensis L.
外国語名 Qinggengcai
生産地 行方市、坂東市、小美玉市、常総市、かすみがうら市、古河市、下妻市、鉾田市、境町、筑西市
由来 青梗菜を中国語読みした「チンゴンツァイ」から「チンゲンサイ」となった。
歴史背景 原産地は中国華南地方と言われている。1972年に日中国交回復後に日本にも入ってきて、1980年代に急速に普及した。当初はさまざまな名称で呼ばれていたが、1983年に農林水産省が葉柄が緑色のものを、チンゲンサイと命名した。現在は茨城県が生産量日本一を誇り、行方市を中心に盛んに栽培が行われている。
時期 通年
特徴 冷涼な気候を好む野菜なので、秋蒔きが育てやすいが、暑さ、寒さ共に強く、年間を通して栽培できる。葉柄は厚みのある薄緑色をしている。アクが少なく、煮崩れしにくいので、炒めもののほかスープなどにも使いやすい。
料理名 炒めもの、クリーム煮などのスープ、お浸しなど
加工品 なめちん、ぬるちん(ともに漬物)
選び方 葉の緑色が鮮やかでピンとしていること、葉柄が広く厚みがあること。茎が伸びていないものを選ぶ。
保存方法 濡らした新聞紙に包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。
栄養 カロテン、ビタミンK、カリウム、カルシウムなどを含む。
問い合わせ先 茨城県産地振興課 TEL:029-301-3950

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。