e地産地消

日田梨

日田梨

名称 日田梨
都道府県名 大分県
区分 果実類
分類 バラ科ナシ属
学名 Pyrus pyrifolia var. culta
外国語名 Nashi Pear, Sand Pear(英)
生産地 日田市
収穫地域情報 キャッチフレーズ「四季を通して日田梨」の下、早生種の幸水、中生種の二十世紀、豊水、晩生種の新高、新興、晩三吉を中心に栽培されている。
歴史背景 1912年に、長十郎、晩三吉が植えられたのが始まり。2005年に通常の商標登録、2007年には地域団体商標に登録された。
時期 早生から晩生まで8品種を栽培し、7月中旬から11月中旬まで流通。
特徴 日田盆地は、気温の日較差、年較差が大きく果実の栽培に適しており、甘くてみずみずしいのが特徴。
選び方 ツヤがあり、大きくしっかりと重みがあるものを選ぶ。
保存方法 ポリ袋に入れ乾燥を防ぎ、冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 食物繊維、炭水化物が多い。カリウムやタンパク質を分解酵素のプロテアーゼを含む。
問い合わせ先 JAおおいた日田梨部会 TEL:0973-26-3520

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。