e地産地消

かぼすヒラメ

かぼすヒラメ

名称 かぼすヒラメ
都道府県名 大分県
区分 魚介類
分類 ヒラメ科ヒラメ属
学名 Paralichthys olivaceus
外国語名 Flounder, Bastard halibut(英)
生産地 佐伯市、津久見市
収獲地域情報 豊後水道に面している大分県中〜南部は、リアス式海岸の特性を生かし、養殖業が盛ん。特に養殖ヒラメの出荷量は全国一位。大分県では、全国に先駆け独自のガイドラインを設け、食中毒の原因とされる寄生虫クドアの検査体制を整備し、安全・安心な養殖ヒラメの出荷に努めている。
由来 カボス果汁をエサに与えていることから
時期 通年
特徴 全国一の生産量を誇るカボスを餌に与えることにより、さっぱりとして臭みが少ないのが特徴。特に、香気成分リモネンが蓄積している肝は臭みが抑制られ、えんがわはさっぱりしている。
下処理 5枚におろす。
料理名 刺身、カルパッチョ、肝あえ、えんがわのお寿司
調理法 刺身など生食に向いている。肝を添えて。
選び方 表面が乾いておらず、身に張りがありしっかりと固さがあるもの。
保存方法 冷蔵
栄養 低脂肪で、タンパク質が豊富。
問い合わせ先 大分県漁業協同組合 TEL:097-534-1522

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。