e地産地消

おおいた豊後牛

おおいた豊後牛

名称 おおいた豊後牛
都道府県名 大分県
区分 牛肉
分類 黒毛和種
学名 Bos taurus
外国語名 cattle(英)
生産地 大分県内全域
由来 大分県内で生産されているから。
歴史背景 豊後牛の歴史は古く、大正10年、東京で開催された全国品評会で豊後牛が最優秀賞を獲得している。
平成に入り、和牛のオリンピック『全国和牛能力共進会』で何度も受賞するなど評価が高まるにあたり、平成19年に「大分県豊後牛流通促進対策協議会」が設立された。2013年4月には、豊後牛の銘柄を「おおいた豊後牛」に統一し、ブランドの普及拡大と流通促進を図っている。
時期 通年
特徴 大分県内で肥育される36ヵ月齢未満の黒毛和種のうち肉質等級2等級以上のものだけが「おおいた豊後牛」と呼ばれる。「おおいた豊後牛」の中でも肉質等級4等級以上のものについては「おおいた豊後牛 頂(いただき)」と呼ばれる。また、「おおいた豊後牛」の中でもオレイン酸含有率55%以上のものについては「豊味いの証」(うまいのあかし)と呼ばれる。霜降りがきめ細やかで、まろやかでとろけるような味わいが特長。
料理名 すき焼き、焼肉、ステーキ、ハンバーグなど
調理法 強火で焼いたステーキや焼き肉、すき焼きなどがおすすめ。
選び方 鮮やかな赤身できめが細かいもの。
保存方法 冷蔵庫で保存。冷凍保存可能。
栄養 タンパク質、脂質、ビタミンB1、B2,ナイアシン等を含む。脂肪成分のうちオレイン酸の割合が多いと美味しいと言われている。
問い合わせ先 JA全農おおいた畜産部畜産課 TEL:097-543-1163
大分県農林水産部畜産振興課 TEL:097-506-3676

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。