e地産地消

柿(花御所柿)

柿(花御所柿)

名称 柿(花御所柿)
都道府県名 鳥取県
区分 果実類
分類 カキノキ科カキノキ属
学名 Diospyros kaki Thunberg
外国語名 Kaki、Persimmon
生産地 八頭町
収穫地域情報 町の中心を流れる八東川流域では果物の栽培が盛ん。
由来 江戸時代、当時の群家村花という地域に、奈良県から御所柿を持ち帰って栽培したことから。
歴史背景 1880年代に群家村花(現在の八頭町)の野田五郎助が大和の国(奈良県)から御所柿を持ち帰り、接ぎ木したのが始まり。当初は五郎助柿と呼ばれていたが、1909年、農林省園芸試験場長の恩田鉄弥博士がその風味を激賞し、花御所柿と命名。この地域でしか良質なものが採れない柿は、贈答用として喜ばれている。
時期 11月下旬〜12月上旬
特徴 富有柿と同じぐらいの大きさで、果頂部がやや盛り上がった形をしている。肉質がとても緻密で果汁が多く、糖度が20度以上で最も甘い品種の一つだが、生り始めは渋い。11月になって霜が降り始めると実が赤くなり甘みが出てくる。溶けるような甘さの奥に渋みがわずかに残る。
選び方 ヘタが果実に張りつくように隙間がなく、4枚揃っているもの。なるべく緑色が残っているものがよい。持ってみてずっしりと重みのあるもの、柔らかすぎないものを選ぶ。
栄養 ビタミンC、カテロンが多い。カリウム、食物繊維も豊富。
問い合わせ先 JA全農とっとり園芸部果実課 TEL:0857-32-8334

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。