e地産地消

鳥取和牛

鳥取和牛

名称 鳥取和牛
都道府県名 鳥取県
区分 牛肉
分類 黒毛和種
生産地 鳥取市、八頭町、智頭町、若桜町
収獲地域情報 良質な環境と水で、鳥取県で肥育された和牛を鳥取和牛と呼ぶ。名峰として知られる大山の麓には、放牧に適したなだらかな丘陵地が広がる。近年は、牛肉脂肪中のオレイン酸含有量が55%以上という条件をクリアした口溶けの良い「鳥取和牛オレイン55」という新ブランド牛の販売に力を入れている。
別名 因伯牛
歴史背景 平安時代に基好上人が「大山寺の地蔵菩薩は牛馬守護の仏である」と唱え、お守り札を施したことから、古来より、地元の大山寺では、牛馬を連れて参拝する客が絶えなかった。中国山地は放牧に適したなだらかな地形で、長年牛の放牧が行われてきた。運搬用として活躍してきた牛を、肉用牛として本格的に育種を始めたのが、1919年。日本で初めて、 血統登録と改良目標に基づく和牛の戸籍管理を行う。1966年に岡山県で開催された第一回全国和牛能力共進会肉牛の部・産肉能力区で一等賞の栄冠に輝いたのが鳥取県の雄牛「気高」(けたか)号。生涯九千頭以上の子孫を残し、 現在の有名ブランド牛の始祖として名を残した。その血統は、県畜産試験場のスーパー種雄牛「勝安波」に引き継がれている。
時期 通年
特徴 オレイン酸を豊富に含んだ「鳥取和牛オレイン55」は、まろやかな脂肪がポイント。赤身とのバランスが良く、口に含めば肉そのものの味がジュワッと広がる。
料理名 ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼き、ビーフシチュー、カレーなど
栄養 タンパク質、脂質、ビタミンB1、B2、リン、鉄が豊富。
問い合わせ先 鳥取県牛肉販売協議会 TEL:0859-54-4799

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。