e地産地消

ゲンゲ

ゲンゲ

名称 ゲンゲ
都道府県名 富山県
区分 魚介類
分類 ゲンゲ科ノロゲンゲ属
学名 Bothrocara hollandi(Jordan and Hubbs)
外国語名 Porous-head eelpout
生産地 魚津市など
収獲地域情報 富山湾は海岸から急激に水深1,000m付近まで落ち込む海底谷があり、多様な生物が生息している。ゲンゲは水深300〜600mのところに生息する。
別名 正式名称はノロゲンゲ。シロゲンゲ、ゲンゲンボウ、ミズベコなど。
由来 漁の際、網を傷つけるので、長年漁師たちの間では下の下「げのげ」と呼ばれてきた。流通が発達してその味が知られるようになると、「幻の魚」という意味で「幻魚」=「ゲンゲ」と呼ばれるようになった。
歴史背景 30年ほど前まで、底引き網漁の際、ゼラチン質が巻き付いて網を傷つける魚があった。水分が非常に多いため、劣化が早く「下の下」と漁師たちの間では嫌われ浜に打ち捨てられていた。産地から流通まで冷凍・冷蔵して運ぶ時代になり、割烹や料亭で天ぷら・唐揚げなどで出されるようになると、そのおいしさが知られるようになった。すると今度は、網にかかったときだけ、現地で食される幻の魚として珍重されるようになった。
時期 9月〜5月
特徴 全身がヌルヌルする粘液で覆われた、淡いピンクの体で、大きな目に特徴がある。水分量が多く、コラーゲンが豊富で、口にすると寒天のように舌の上ですぐに溶ける。
料理名 吸い物、天ぷら、唐揚げ、鍋物、煮付け
調理法 ゲンゲ汁の作り方。筒切りにし、酒、醤油、塩で味つけした汁に入れて食べる。劣化しやすいので、鮮度のよいものを使う。
加工品 干物、栄養補助食品(コラーゲン)
選び方 体に透明感があり、触ってしっかり硬いものを選ぶ。
栄養 水分が多い。カルシウム、ナトリウム、コラーゲンを含む。
問い合わせ先 富山県漁業協同組合連合会 TEL:076-432-6281

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。