e地産地消

白花豆

白花豆

名称 白花豆
都道府県名 北海道
区分 豆類
分類 マメ科インゲン属
学名 Phaseolus coccineus L.
外国語名 scarlet runner bean
生産地 北見市、壮瞥町、洞爺湖町など
収穫地域情報 主産地である北見市は、北海道で最も面積が大きい市。海、山、川、湖など豊富な自然に恵まれ、農業が盛ん。特に白花豆はたまねぎと並ぶ基幹生産物である。
別名 一般名はベニハナインゲン。ほかにハナササゲ、ハナマメなどの呼び方もある。
由来 白く大きな花を咲かせることから。
歴史背景 日本に白花豆が入ってきたのは江戸時代。花が大きく美しいことから観賞用として栽培されていたが、明治になって札幌農学校で食用としての栽培が始まる。本格化したのは大正時代になってから。
時期 9月〜11月
特徴 冷涼地を好み、温暖な地域では花が咲いても結実しないため、主として北海道で生産されている。花も種子も白い。食用にする種子は、大型で1.5 cm×2.5 cmぐらいの腎臓形をしている。
下処理 生豆100gを洗い、3倍の水に漬けて一晩置いて戻す。そのまま鍋に移し、沸騰させる。沸騰したら、強火〜中火で3分ぐらい煮立たせた後、お湯を切る。新しい水600ccを入れて沸かし、沸騰したら重曹小さじ1/10杯と塩小さじ1/2杯を加える。再沸騰したら、中火〜弱火で約40分煮る。豆が水面に出ないよう、ときどき水を足す。豆が柔らかくなったら自然に冷ました後、液を切ってできあがり。
料理名 煮豆、甘納豆、クリームパスタ、サラダ、あんなど
調理法 茹でた後、冷蔵または冷凍保存すれば、スープやパスタ、サラダなどさまざまな料理に使える。十分に火を通さず使用すると嘔吐、下痢などの症状を起こすので注意する。
栄養 炭水化物、タンパク質、食物繊維が。ビタミンB1、カルシウムなども含む。
問い合わせ先 きたみらい農業協同組合 TEL:0157-32-8777/FAX:0157-32-8778

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。