e地産地消

加賀つるまめ

加賀つるまめ

名称 加賀つるまめ
都道府県名 石川県
区分 野菜類
分類 マメ科フジマメ属
学名 Lablab purpureus
外国語名 Hyacinth bean,Lablab bean(英)、Dolique d'Egypte(仏)
生産地 小松市、金沢市花園地区、富樫地区
別名 正式名称はフジマメ。石川県ではほかにダラマメとの通名もある。関西ではインゲンマメ(隠元豆)、伊勢地方ではセンゴクマメ(千石豆)と地方により呼び名が変わる。
由来 「蔓無し豆」が転じて「つるまめ」となったと言われている。ダラマメは「だら(ばか)ほどとれる」という意味から。
歴史背景 古くは平安時代の「新撰字鏡」にフジマメが登場する。石川県では1945年頃から栽培が始まったと言われている。
時期 5月〜10月
特徴 長さ7cmほどで、へん平な鎌のような形をしており、先端がくちばしのようにカーブしている。その先にヒゲがついている。独特のザクザクとした食感が好まれる。
下処理 ヒゲが付いている方をつまんで、軸が付いている方に向けて引っ張るようにちぎると筋が取れる。次に軸が付いている先をつまみ、カーブが急な側に沿って筋を取る。
料理名 味噌汁、天ぷら、煮もの、胡麻和え、
調理法 加賀つるまめと厚揚げの煮ものの作り方。加賀つるまめ20枚は筋とヒゲを取って塩茹でする。厚揚げ1枚を油抜きして、適当な大きさに切る。鍋に厚揚げとだし汁500ccを入れて火にかけ、煮立ったら砂糖・酒各大さじ2杯を加え、10分程度煮る。濃口醤油大さじ2杯、薄口醤油大さじ1杯を入れてさらに煮詰め、加賀つるまめを入れてしばらく煮る。
選び方 表面がふんわりしていて、色がみずみずしい淡黄色のもの、ヒゲがピンとしているものを選ぶ。弾力があるものがよい。
保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存し、なるべく早く食べきる。
栄養 食物繊維を豊富に含む。カロテン、葉酸を含む
問い合わせ先 石川県農林水産部生産流通課 TEL:076-225-1621

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。