e地産地消

三関セリ

三関セリ

名称 三関セリ
都道府県名 秋田県
区分 野菜類
分類 セリ科セリ属
学名 Oenanthe javanica
外国語名 Japanese parsley
生産地 湯沢市三関地区
収穫地域情報 三関地区は、秋田県のほぼ南端に位置し、南方に東鳥海山を臨む。一級河川雄物川に沿った地域で、山の麓から出る豊富な水に恵まれているので、セリの栽培に適している。
由来 三関地区(下関、関口、上関)で栽培されてきたことから
歴史背景 江戸時代から栽培が始まったと言われ、院内銀山などへの行商や自家用に栽培されていた。水田転作が開始された1970年から東京への出荷がが始まり面積が伸び、在来のセリから系統選抜をされて現在のセリ(改良三関)が栽培されている。
時期 9月〜3月
特徴 他の地域のセリと比べて長く太く、しっかりした根は白く長い。シャキシャキとした歯ごたえで、程よいほろ苦さを持っている。秋田では根も鍋や天ぷらで食べる。
料理名 きりたんぽ鍋、天ぷら、根のきんぴら、セリ焼きなど
調理法 セリ焼きの作り方。セリ3把、糸こんにゃく1袋分、油揚げ1〜2枚を適当な大きさに切り揃え、それぞれ湯通しする。鶏皮100gを細切りして、鍋に入れ、醤油100cc、砂糖・みりん各少々を加えて煮立てて味を整える。セリ、糸こんにゃく、油揚げを加えてよく味をなじませる。
選び方 葉がみずみずしく青々としているものを選ぶ。根が太く白いものがよい。
保存方法 新聞紙に包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。
栄養 カロテン、食物繊維が豊富。カリウム、マグネシウム、カルシウムなどを含む。
問い合わせ先 JAこまち 湯沢営農センター TEL:0183-73-3131

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。