e地産地消

ぎばさ

ぎばさ

名称 ぎばさ
都道府県名 秋田県
区分 藻類
分類 ホンダワラ科ホンダワラ属
学名 Sargassum horneri (Turner) C. Agardh
生産地 男鹿市
収穫地域情報 日本各地に分布するが、日本海のぎばさは粘りや歯ごたえ、香りがよいと言われる。秋田県ではご飯の供といえばぎばさを指すというほど好まれる。
別名 正式名称はアカモク。山形ではギンバソウ、新潟ではナガモと呼ばれる。
由来 「銀波藻(ぎんばそう)」と呼んでいたものが、なまったと言われる。
歴史背景 秋田県では古くから食べられてきた。飛鳥時代に阿倍比羅夫が蝦夷討伐の際、兵馬に喰わせたとも言われている。
時期 冷凍ものもあり、通年出回るが、旬は2〜3月
特徴 主枝は柔らかいひも状で、一本の茎から、沢山の葉をもつ枝を出す。長さは通常3〜4mだが、長いものでは10mを超す。海に生えているときは赤褐色だが、茹でると鮮やかな緑色に変わる。細かく刻むほどに粘りが出る。日本海産は特に歯ごたえや香りがよい。
料理名 味噌汁、三杯酢をかけた浜トロ、餃子、お好み焼き、卵焼き、ご飯の供として
調理法 刻んで醤油や三杯酢をかけ、刻んだネギ、かつお節などと混ぜてご飯にかける。
加工品 冷凍品、乾燥品、佃煮、麺類など
栄養 粘り成分は食物繊維のフコイダン。ビタミンK、ナトリウム、カリウムなどを含む。
問い合わせ先 秋田県農林水産部水産漁港課調整・振興班 TEL:018-860-1883

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。