e地産地消

あまおう(いちご)

あまおう(いちご)

名称 あまおう(いちご)
都道府県名 福岡県
区分 果実類
分類 バラ科オランダイチゴ属
学名 Fragaria × ananassa
外国語名 strawberry(英)、fraise(仏)
生産地 糸島市、久留米市、大川市、八女市、柳川市、みやま市など福岡県各地
収穫地域情報 福岡県内各地
由来 「あかい」、「まるい」、「おおきい」、
「うまい」の頭文字から命名。
歴史背景 福岡県農業総合試験場が、とよのかに替わる新しい品種を求め、1996年から6年間かけて開発した。久留米53号(とよのか×てるのか)に92-46(久留米49号(女峰×とよのか)×さちのか)を交配して育成、2001年に品種登録出願、2005年に登録された。福岡県限定で栽培されている。
時期 11月下旬〜5月
特徴 果皮は濃赤で色つやがよい。丸く整っていて大きく、1粒が40〜50gにもなる。噛めば甘みが口の中に広がる。
料理名 いちごジャム、いちごのショートケーキなど
調理法 生食がおすすめ
加工品 あまおうワイン、あまおう酢、ジャム、菓子等
選び方 ヘタが緑でみずみずしく、全体がキレイな赤色のもの。
保存方法 食べる直前まで水洗いせずに、冷蔵庫保存。
栄養 ビタミンCやペクチンが豊富。葉酸も含まれる。
問い合わせ先 福岡県農林水産物ブランド化推進協議会 TEL:092-716-8355

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。