e地産地消

八女茶

八女茶

名称 八女茶
都道府県名 福岡県
区分 し好飲料類
分類 ツバキ科ツバキ属
学名 Camellia sinensis
外国語名 tea
生産地 八女市、朝倉市、筑後市、うきは市、広川町、みやこ町、豊前市、上毛町
収穫地域情報 中山間地域での栽培が盛ん。
歴史背景 福岡県で栽培されるお茶を八女茶と呼ぶ。八女茶の始まりは、僧周瑞が明から帰国し、1423年(応永30年)に現在の黒木町笠原に霊巌寺を建立するとともに、お茶の栽培を伝えたことと言われる。次第に栽培地が広がり、江戸時代末期の1863年には八女東部山間地で栽培が急増。玉露生産が盛んになったのは1917年から。現在はマスコットキャラクターをつけて普及・宣伝に力を入れている。
時期 一番茶が4月中旬〜5月、二番茶が6月中旬〜7月上旬、三番茶が7月下旬〜8月上旬
特徴 煎茶、玉露ともに甘くてコクがあり旨みが強い。
玉露は、全国茶品評会で平成13年度から24年度まで12年連続農林水産大臣賞と産地小を獲得した。
伝統本玉露は昔ながらの稲わらを使用して被覆している。
調理法 使用するお茶の種類と品質特性を知り、湯量や湯温、煎出時間を調整する。
加工品 煎茶、玉露、てん茶等。
保存方法 真空包装されたものは冷蔵庫で保存し、開封後は、なるべく早く使い切る。
栄養 カテキン類、カフェイン、ビタミンC、カロテン、ギャバなどを含む。
問い合わせ先 福岡県茶業振興推進協議会 TEL:0943-25-2887

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。