e地産地消

嬬恋高原キャベツ

嬬恋高原キャベツ

名称 嬬恋高原キャベツ
都道府県名 群馬県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica oleracea
外国語名 cabbage(英), chou(仏), kraut(独)
生産地 嬬恋村
収穫地域情報 標高700〜1,400メートルに広がる日本一の夏秋キャベツの産地である。
歴史背景 明治末には自家用として栽培されていたが、昭和初期に共同栽培が始まり、昭和30年頃には「つまごいキャベツ」として全国に知られるようになった。
時期 6〜10月
特徴 昼夜の寒暖差により、葉が柔らかく甘みがある。また、シャキシャキした食感も特徴。
下処理 生食用は、切った後さっと冷水にさらすとしゃきっと食感がよくなる。
料理名 柔らかく、生食に向いている。ロールキャベツやスープ、炒めものなど和洋中さまざまな料理にも合う。
選び方 葉のまきがしっかりしていてどっしりと重みのあるものを選ぶ。
保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存。丸のままの場合は、芯をくり抜き、キッチンペーパーを水で濡らして詰めておくと鮮度が保てる。
栄養 キャベツ特有のビタミンU(Sメチルメチオニン)に加え、ビタミンCやアミノ酸、カルシウムなどを多く含む。
問い合わせ先 JA嬬恋村 TEL:0279-80-6204

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。