e地産地消

大平かぼちゃ

大平かぼちゃ

名称 大平かぼちゃ
都道府県名 栃木県
区分 野菜類
分類 ウリ科カボチャ属
学名 Cucurubita maxima Duchesne
外国語名 pumpkin, squash(英)、courge(仏)
生産地 栃木市大平地区
収穫地域情報 県南部に位置する栃木市大平地区。東南部は関東平野に連なる平坦地が開けている。地質が肥沃で農産物の生産が盛んに行われている。栃木県ではかぼちゃの栽培は盛んだが、地域ごとのブランド化を進めている。
栽培情報 通常、かぼちゃは1つるに3〜5個を収穫するが、大平かぼちゃは、1つるに1個だけを選抜して育てる。基肥にはビール麦(大麦)用の肥料を用いる。
歴史背景 旧大平町(現栃木市)では、1970年に始まった減反政策により、転作作物として味で勝負できるものを、とかぼちゃの生産に取り組んできた。大平かぼちゃは2007年、社団法人とちぎ農産物マーケティング協会の「とちぎ地域ブランド農産物」に指定された。
時期 8月〜9月
特徴 果皮は黒緑色で、光沢が美しく、細い線が入る。果肉色は濃黄色で、果皮とのコントラストが良い。肉質は極めて紛質で食味、食感に優れている。通常のかぼちゃと比べて栄養価が高く、特にβ−カロテンが多い。
料理名 煮物、てんぷら、サラダ、プリン、パンプキンパイなど
加工品 プリンなど
選び方 皮の表面が乾いており、くすんでいるものを選ぶ。
保存方法 風通しのよい冷暗所に保存する。
栄養 β−カロテン、ビタミンC、カリウム、食物繊維が豊富。特にβ−カロテンは通常のかぼちゃより多い。
問い合わせ先 一般社団法人とちぎ農産物マーケティング協会
http://tochigipower.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。