e地産地消

かき菜

かき菜

名称 かき菜
都道府県名 栃木県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica napus
生産地 佐野市など
収穫地域情報 栃木県の南西部に位置する佐野市。南部と西部は平たん地で農地も多い。首都圏へ数十kmという近さを利用した農業が盛んで、かき菜は代表的な作物の一つである。
別名 ナバナ、芯切菜、宮内菜
由来 収穫の際に芯を「かっきる」ことから「かき菜」と呼ばれるようになった。
歴史背景 万葉集に「佐野の茎立」として登場するなど、アブラナ属の植物が延ばす花芽は、古くから春先の野菜として重用されてきた。1986年にJA佐野かき菜部会を設立。2006年には「佐野そだち菜」との愛称でブランド化した。
時期 12月〜4月
特徴 茹でると軸が柔らかくなり、色も鮮やかな緑色になる。花茎はアスパラガスのような風味で、アクが少なく甘みがある。
料理名 お浸し、胡麻和え、味噌汁、サラダ、炒め物
選び方 茎の切り口がみずみずしく、葉の緑色が濃いもの、張りのあるものを選ぶ。
保存方法 濡らした新聞紙などに包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫に立てて保存する。
栄養 β−カロテン、ビタミンC、葉酸が豊富。カリウム、カルシウム、食物繊維も多い。
問い合わせ先 一般社団法人とちぎ農産物マーケティング協会
http://tochigipower.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。