e地産地消

宮ねぎ

宮ねぎ

名称 宮ねぎ
都道府県名 栃木県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium fistulosum L.
生産地 栃木市吹上地区など
収穫地域情報 永野川流域の扇状地で栽培される。
由来 栃木市宮町で栽培されていたことから。
歴史背景 江戸時代から栽培されていたねぎ。栃木の商人が江戸の地頭役所に出向くときに持参したところ、味や香りがよいことから、江戸に歳暮用として宮ねぎを贈る風習が続いた。
時期 11月〜12月
特徴 軟白部が太く短い分けつねぎで、味と香りがことのほかよい。煮ると甘みが増すので、すき焼き用などのねぎとして評価が高い。
料理名 すき焼き、鍋物、味噌汁、ぬた和え、てんぷら、焼き鳥
選び方 葉の緑色が鮮やかで、白い部分との境がはっきりしているものがよい。
保存方法 新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫に立てて保存する。
栄養 食物繊維が多い。ビタミンB1、B2、Cを含む。
問い合わせ先 一般社団法人とちぎ農産物マーケティング協会
http://tochigipower.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。