e地産地消

二条大麦

二条大麦

名称 二条大麦
都道府県名 栃木県
区分 穀類
分類 イネ科オオムギ属
学名 Hordeum vulgare
外国語名 barley
生産地 小山市、大田原市、佐野市、栃木市など
別名 ビール麦、大粒大麦
歴史背景 栃木県で二条大麦の生産が始まったのは、1906年。栃木市に県農業試験場栃木分場のビール麦育種研究室およびビール麦品質研究室が、1954年の開設(現在、栃木県農業試験場研究開発部麦類研究室)以来、新品種の育種および品質向上に努めてきた。栃木県の二条大麦の生産量は、ビール会社との受渡数量では1987年以降日本一を誇る。
時期 通年
特徴 3つの小穂のうち中央の小穂のみが成長して実り、上から見ると2列(∞のような形)に見える。 2方向にしか実が成長しないので、穂が平らに見える。麦茶などに使われる六条大麦より大粒。
料理名 麦ご飯
加工品 ビール、麦焼酎
栄養 炭水化物が主成分。玄穀粒を食する場合は食物繊維、カリウムが豊富。
問い合わせ先 一般社団法人とちぎ農産物マーケティング協会
http://tochigipower.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。