e地産地消

菊ごぼう

菊ごぼう

名称 菊ごぼう
都道府県名 岐阜県
区分 野菜類
分類 キク科アザミ属
学名 Cirsium dipsacolepis
生産地 恵那市、中津川市、飛騨市
収穫地域情報 飛騨山脈、木曽山脈に囲まれた中山間地域。良質の赤土の土壌である。
別名 山ごぼう
由来 山野に自生していたモリアザミを栽培したものだが、切り口の模様が菊に似ていて、形がごぼうに似ていることから菊ごぼうと呼ばれるようになった。
歴史背景 江戸時代末期の1862年、旧恵那郡本郷村(現恵那市岩村町)にある三ッ森山で太っているものが発見され、明治になって栽培されるようになった。
時期 10月中旬〜11月中旬
特徴 色が白く、太さは小指ほどで長さは20cm程度。普通のごぼうに比べて柔らかい。独特の風味、しゃきしゃきとした歯ごたえがある。
料理名 漬物、きんぴら、すき焼き、鍋物など
加工品 味噌漬け、醤油漬け
栄養 タンパク質、炭水化物、食物繊維を多く含む。
問い合わせ先 中津川市菊牛蒡生産組合(JAひがしみの中津川アグリセンター)
TEL:0573-62-4141

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。