e地産地消

平兵衛酢

平兵衛酢

名称 平兵衛酢
都道府県名 宮崎県
区分 果実類
分類 ミカン科ミカン属
生産地 日向市、門川町、東郷町、西郷村
由来 現在の日向市、富高村の黒木平兵衛の庭先で栽培されたことに由来する。名前も平兵衛さんから取り、「へべす」と呼ぶようになった。
歴史背景 江戸時代末期に富高西川内の長曽我部平兵衛が、山中に自生する木酢(へべす)を発見。その後、この地区に広まり、娘を嫁がせるときには、必ず平兵衛酢の苗木を持たせるようになった。1930年、河野城一郎が平兵衛酢の本格的栽培に取組む。戦争を挟み、苦労しながら地元固有種を守ろうと栽培研究に尽くす。1970年代後半に市・農協が生産振興に乗り出す。
時期 ハウスものは6〜7月、露地ものは8月〜10月上旬
特徴 すだちより玉が大きく、かぼすより香りが優しく、ゆずより皮が薄く、種が少ない。たっぷり果汁がとれると人気が高い。爽やかで豊かな香りと穏やかな酸味が楽しめる。地元では、味噌汁や魚の焼き物、カクテルなどさまざまな用途で使われる。
料理名 味噌汁、焼き魚、そうめんやうどんのつゆ、鍋物、ぎょうざのたれなどにかけるとよい。
調理法 ポン酢の作り方。平兵衛酢180cc、濃口醤油180cc、煮切りみりん大さじ2、コンブとかつお節少々を混ぜ合わせ、容器に入れて保存する。食べる材料に合わせて、だし汁または水で薄めて用いる。
加工品 和菓子、クッキー、かき氷、果汁、冷凍果汁、ドレッシングなど
栄養 ビタミンCが豊富。
問い合わせ先 みやざきブランド推進本部
http://www.miyazakibrand.jp/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。