e地産地消

日向夏

日向夏

名称 日向夏
都道府県名 宮崎県
区分 果実類
分類 ミカン科ミカン属
学名 Citrus tamurana hort. ex T.Tanaka
外国語名 New Summer Orange
生産地 宮崎市高岡町、綾町、日南市など
別名 ニューサマーオレンジ、小夏、土佐小夏
歴史背景 1820年頃、赤江町曽井(現・宮崎市赤江町)の真方安太郎氏の庭で発見されたゆずの突然変異と思われる果樹。明治時代末期には宮崎県の特産品となる。「日向夏」のブランド名が付いたのは、1972年。高知県、愛媛県など産地は広がったが、現在も生産量は宮崎県が日本一を誇る。
時期 ハウスものが12月中旬〜3月上旬、露地ものは3月〜5月
特徴 温州みかんよりやや大きく、 表皮は黄色で厚さがあり、果肉は酸味があり甘さが控えめで独特の風味が強い。外皮と果肉の間の白い部分(内果皮;アルベド)はほんのりと甘みがあ。ナイフで黄色い外皮を剥き、スライスして白い部位分も一緒に食べる。はちみつなどをかけてもおいしい。
料理名 サラダ、ジュース、マーマレード
調理法 ナイフで表面の黄色い外皮を剥き、輪切りまたは斜めにスライスして外皮と果肉の間の白皮(内果皮;アルベド)ごと食べる。酸味があるので、砂糖やはちみつなどをかけてもおいしい。
加工品 まんじゅう、プリン、ゼリー、ジュース、ポン酢、ドレッシングなど
選び方 表面に光沢があり、ハリがあること、手に持ったときにずっしりと重みが感じられること。鮮やかな黄色のものがよい。
保存方法 冷暗所に保存する。1〜2週間で食べきる。
栄養 食物繊維、ビタミンC、カリウム、カルシウムが多い。
問い合わせ先 みやざきブランド推進本部
http://www.miyazakibrand.jp/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。