e地産地消

寒鱈

寒鱈

名称 寒鱈
都道府県名 山形県
区分 魚介類
分類 タラ科
学名 Gadus macrocephalus
外国語名 Pacific cod
生産地 酒田市、鶴岡市など
収獲地域情報 日本海沿岸の庄内地方は冬、地吹雪が吹き荒れる厳寒の日々が続く。雪が降るころから旨味を増す真鱈を庄内の人々は、寒鱈と呼び愛好する。この時期、漁港を有する各地で寒鱈祭りが開かれる。
別名 真鱈
時期 1月中旬〜2月上旬
特徴 脂がのった雌はたらこを、雄は白子を抱えて大きな腹をしていることが特徴。身から内臓まで一尾丸ごと食べられる。身は淡白な味わい。白子は濃厚な旨味がある。
料理名 どんがら汁、鍋物、昆布じめ、味噌漬け、粕漬け、鍋もの、フライ、ムニエルなど
調理法 どんがら汁の作り方。鱈半身分。鍋にお湯を煮立たせ、一口大に切った真だらのアブラワタ(肝臓・肝)をよく煮る。煮えたら、たらの身・あら(頭・中骨など)を加え、しばらく煮る。アクが浮いてきたら、すくいとる。たらの白子を入れてひと煮立ちさせ、味噌・酒を適量加える。さいの目切りにした豆腐1丁を加え、ひと煮立ちさせたら、盛りつける直前で斜め切りした長ねぎ2〜3本を入れる。好みで、岩のり・三つ葉などをのせるとおいしい。
栄養 タンパク質が主成分。ビタミンB1、B2などを含む。
問い合わせ先 おいしい山形推進機構事務局
http://www.yamagata.nmai.org/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。