e地産地消

的矢かき

的矢かき

名称 的矢かき
都道府県名 三重県
区分 魚介類
分類 イタボガキ科マガキ属
学名 Crassostrea gigas
外国語名 oyster
生産地 志摩市
収獲地域情報 志摩半島の入江の一つ、的矢湾には3本の川が流れ込み、プランクトンが豊富。波が静かな湾内で的矢かきの養殖が行われている。三重のブランド食材に認定されている。
栽培情報 餌と一緒に体内に取り込んだ細菌を排出する性質に着目、紫外線灯で滅菌した海水で18時間以上飼育することで、体内が浄化され、ほぼ無菌状態となる。
歴史背景 1925年、佐藤忠勇氏が的矢湾が波が静かなことから、かきの養殖に向くと取り組み始めた。1930年には貝類の研究及び湾内の観測のため、的矢湾養蛎研究所を設立。1953年に紫外線利用によるかき浄化法を開発、1955年には特許を取得した。
時期 10月〜3月
特徴 やや細長い形をしている。渋みが少なく、かき特有の甘みのある濃厚な味わいを楽しめる。
料理名 生がき、かき鍋、味噌汁、かきご飯など
栄養 タンパク質が主成分。ビタミンB1、B2、B12、鉄、銅、亜鉛など多くのビタミンやミネラルを含む。グリコーゲン、タウリン、ベタインなどの機能成分を含む。
問い合わせ先 三重県農林水産部フードイノベーション課
TEL:059-224-2391
FAX:059-224-2521
E-Mail:f-innov@pref.mie.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。