e地産地消

カリフラワー

カリフラワー

名称 カリフラワー
都道府県名 徳島県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica oleracea var. italica
外国語名 cauliflower(英)、chou-fleur(仏)
生産地 徳島市、藍住町、上板町など
収穫地域情報 徳島県はカリフラワーの生産量日本一。冬場でも乾燥しすぎない土壌を活かして栽培が行われている。花蕾は日光に当たると茶色く変色するので、外葉を折り、日に当たらないようにしながら育てる。花蕾はスレにも弱いので、葉を付けたまま出荷する。
別名 ハナヤサイ(花椰菜)、ハナカンラン(花甘藍)
由来 キャベツ類の花を意味する、「kale flower」もしくは「cole flower」から「cauliflower」(カリフラワー)となった。
歴史背景 明治期に導入されたが普及しなかった。第二次世界大戦後、進駐軍向けに栽培が行われたのちに、洋食化が進んだ1960年代に広まった。徳島県では1951年頃に水稲の後作として、当時の徳島県立農業試験場が奨励し栽培が始まった。1968年頃から作付面積が増加した。
伝来 明治初期
時期 10月〜5月
特徴 花蕾を食べる。くせのない淡白な味で、さっくりとした歯触りが特徴。
下処理 お湯に酢を入れて茹でると、サクサクとした食感になる。
料理名 サラダ、シチュー、フライなど
選び方 持ち重りがして、白く花蕾の間に隙間がないものを選ぶ。
保存方法 茎の部分を濡らした新聞紙で包み、冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。
栄養 ビタミンC、B1、B2、鉄が豊富。
問い合わせ先 新鮮なっ!とくしま通信
http://www.pref.tokushima.jp/nattoku/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。