e地産地消

たたら大根

たたら大根

名称 たたら大根
都道府県名 長野県
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
学名 Raphanus sativus L.
生産地 長野市
歴史背景 1712年にはすでに存在していて、そばの薬味として用いられていたことが古文書に書かれている。1929年に一度消滅したと言われていたが、その後わずかに残っていたものを荒井克己氏らが復活させた。
時期 11月上旬〜12月上旬
特徴 表面が鮮やかな赤紫色をしていて、中は白い。根は円筒形で尻部はやや流れる。250-300グラムと小型である。辛味は強くなく、甘みがある。
料理名 大根おろし、漬物、煮物、サラダなど
栄養 葉にはβ−カロテン、根には目立った栄養素はないが、辛味成分が多い。この辛味はアリルイソチオシアネートによるもので、すりおろすことで作り出される。抗菌作用や抗癌作用があるといわれている。
問い合わせ先 長野市
TEL:026-232-0111

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。