e地産地消

開田蕪

開田蕪

名称 開田蕪
都道府県名 長野県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica rapa var. glabra
生産地 木曽町開田地区
収穫地域情報 木曽地方は、長野県の中でも伝統野菜の種類が多い地域。御嶽山の山麓で、さまざまな野菜が栽培されている。
由来 古く末川村で栽培されていたことから、末川蕪と呼ばれていた。開田村と合併してから開田蕪と呼ばれるようになった。
歴史背景 400年ほど前から栽培されてきた野菜。1838年に書かれた尾張藩隠密岡田善九郎の「木曽巡行記」に「末川の蕪は名物なり味よし」との記録がある。
時期 10月中旬〜11月中旬
特徴 扁平で上部、下部ともに平らなものが多い。表面は赤紫色で中は白い。山形県の温海蕪に似た系統。緻密だが柔らかい。保存性が高い。
料理名 すんき漬け、塩漬け、ぬか漬けあんかけの煮物など
加工品 赤かぶ漬け、赤かぶのスープ
栄養 葉はβ−カロテン、ビタミンC、K、カルシウム、葉酸、鉄などが多い。アミラーゼも含む。根はビタミンC、食物繊維、カリウムなどを含む。
問い合わせ先 木曽町
TEL:0264-22-3000

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。