e地産地消

女山大根

女山大根

名称 女山大根
都道府県名 佐賀県
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
生産地 多久市
収穫地域情報 多久市は佐賀県のほぼ中央に位置し、四方を山に囲まれた盆地である。昼夜の寒暖差が大きいことを利用し、女山大根などさまざまな野菜を生産している。
由来 女山の麓で作られてきたことから。
歴史背景 江戸時代には佐賀藩主に献上しており、「牛に4本を背負わせて殿様に献上した」との逸話も残る。消滅しかけていた時期もあったが佐城農業改良普及センターや多久市、JAさが佐城支部などの協力で約15年かけて復活させた。2000年代に入ってPRに努め、県外からも注文が入るようになった。
時期 12月〜2月
特徴 通常の大根の約2倍の時間をかけて栽培する。大きいものでは長さが80cm、胴回り60cm、重さが13kgにもなる。根と葉が美しい赤紫色をしているのが特徴。繊維質が緻密で肉質は硬く、抗酸化作用と消化分解に優れ糖度が通常の大根の1.5倍と高い。辛味がほとんどなく、食べると優しい甘さが口の中に広がる。
料理名 ふろふき大根、なます、大根おろし、おでん、田楽、ポトフ、サラダなど
栄養 皮や葉の赤い部分にはポリフェノールの一種であるアントシアニンを含む。デンプン分解酵素のアミラーゼを含む。ビタミンC、食物繊維などが多い。
問い合わせ先 佐賀県庁流通課
TEL:0952-25-7116
FAX:0952-25-7307

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。