e地産地消

寿かき

寿かき

名称 寿かき
都道府県名 北海道
区分 魚介類
分類 イタボガキ科
学名 Ostrea edulis Linnaeus
外国語名 oyster
生産地 寿都郡寿都町
収獲地域情報 道内日本海では数少ない牡蠣の生産地。栄養たっぷりの春の雪解け水が寿都湾に流れ込み、生牡蠣が入手しにくい4〜6月に旬を迎える。藻場を造成するため栄養塩を供給する施肥、寿都湾に流れ込む河川流域の植樹活動などに努めている。
歴史背景 種苗の購入から生産まで寿都漁協がしっかり管理して取り組んだことにより「寿がき」として名産品になった。
時期 4月〜6月
特徴 小粒だが、ミルキーで、旨味濃厚。とろけるような味わい。
下処理 貝柱を切って殻をはずし、塩水、またはすりおろした大根で身を洗う。
料理名 生牡蠣、酢牡蠣、蒸し焼き、網焼きなど。
選び方 産地より直送。
保存方法 ポリ袋に入れ冷蔵庫で保存。賞味期限は2日ほど。殻から外して冷凍も可。
栄養 「海のミルク」と呼ばれる完全栄養食。糖質の50%以上が効率よくエネルギーに変わるグルコーゲンを含み、タウリンが豊富。肝臓の機能を高めて疲労回復や筋肉、脳の働きを活発にする野に役立つと言われている。また、ミネラルも豊富。味覚障害の予防に必須と言われる亜鉛を多く含んでいる。
問い合わせ先 寿都町漁業協同組合
TEL:0136-62-2395

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。