e地産地消

鳴沢菜

鳴沢菜

名称 鳴沢菜
都道府県名 山梨県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica campestris
生産地 鳴沢村
収穫地域情報 富士北麓地域の冷涼な気候を活かして鳴沢菜を初めとした高原野菜が栽培されている。
由来 鳴沢村で栽培されているから。
歴史背景 江戸時代から栽培されているといわれている。
昔から青菜の部分は漬け物や汁物、かぶの部分は冬の保存食として食べられてきた。
時期 10月下旬〜11月上旬
特徴 かぶは赤紫色で、葉は濃い緑色。茎はやわらかく風味があり漬物加工用に適している。
料理名 漬物、味噌汁など
加工品 浅漬け
栄養 葉にはβ−カロテン、ビタミンCや、食物繊維が豊富。カルシウムも多く含む。
問い合わせ先 山梨県富士・東部農務事務所http://www.pref.yamanashi.jp/ft-noumu/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。