e地産地消

アザミゴボウ

アザミゴボウ

名称 アザミゴボウ
都道府県名 福島県
区分 野菜類
分類 キク科アザミ属
学名 Cirsium oleraceum
外国語名 Edible burdock(英)
生産地 会津坂下町
収穫地域情報 会津坂下町は会津を代表する藍の栽培地で、大正初期まで伝統的な栽培技術が行われおり、近年まで「会津木綿」を織る織物工場があった。
別名 立川ゴボウ
由来 会津坂下町立川地区で多く栽培さていたことから。
歴史背景 会津伝統野菜で、現在は10軒ほどの農家が生産をしている。
時期 10月上旬〜12月中旬
特徴 日本で唯一のアザミ葉ゴボウで香りが強い。
下処理 泥だけを洗い流す。
保存方法 土つきのものは冷暗所に立てて保存する。
栄養 食物繊維、炭水化物が多い。カルシウム、ビタミンB1、B2を含む。また、ポリフェノールも多い。
問い合わせ先 福島県農業総合センター
http://www4.pref.fukushima.jp/nougyou-centre/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。