e地産地消

メヒカリ

メヒカリ

名称 メヒカリ
都道府県名 福島県
区分 魚介類
分類 アオメエソ科アオメエソ属
学名 Chlorophthalmus borealis
外国語名 green eyes(英)
生産地 いわき市、相馬市
収獲地域情報 福島県の沖合で黒潮と親潮が交わる“潮目の海”と呼ばれる場所あり、様々な魚種が水揚げされている。
別名 アオメエソ、マルアオメエソ
由来 眼が大きく、光を反射すると眼球が青く輝いて見えるため。
歴史背景 いわき市では、「おいしい」「いわき市でしかとられて(知られて)いない」などの理由から、市の魚に制定。
東日本大震災以降は、射性物質検査のモニタリング検査を定期的に行い、安全性が確認できたものを出荷している。
時期 11月〜3月
特徴 いわき市の沖合で水揚げされたメヒカリは、南方のものより、ビタミンAや脂質が多く含まれている。
料理名 唐揚げ、天ぷら
調理法 唐揚げの作り方。
1.メヒカリをさっと水洗いし、キッチンペーパーなどで水気を切る。
2.片栗粉、塩、胡椒を合わせてまぶす。
3.熱した油で6〜8分返しながら揚げる。
加工品 丸干し
選び方 目が大きく青色をしているもの。
保存方法 冷蔵庫で保存する。丸干しは2週間程度保存可能。
栄養 ビタミンAが豊富。オレイン酸とDHAも多く含まれている。骨ごと食べるとカルシウムがとれる。
問い合わせ先 福島県いわき市農林水産部水産振興室
TEL:0246-22-7487

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。