e地産地消

紅まどか

紅まどか

名称 紅まどか
都道府県名 長崎県
区分 果実類
分類 ミカン科ミカン属
学名 Citrus maxima Merr
生産地 長崎市など
別名 文旦、紫ザボン、長崎ザボン
由来 果肉がほのかな紅色をしていることなどから。
歴史背景 1962年に「麻豆ブンタン」と「平戸ブンタン」を掛け合わせて育成し、1993年に品種登録をした。現在、長崎県が生産日本一である。
時期 12月〜2月
特徴 果実は700〜1000g。果肉は赤味を帯びた黄色または黄白で柔らかい。苦みが少なく甘い。収穫後、数か月間は保存できる。
栄養 食物繊維、ビタミンCが豊富。カリウム、β−カロテン、カルシウムなどを含む。
問い合わせ先 めぐみの長崎
https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kanko-kyoiku-bunka/kanko-bussan/megumi/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。