e地産地消

長崎小玉すいか

長崎小玉すいか

名称 長崎小玉すいか
都道府県名 長崎県
区分 果実類
分類 ウリ科スイカ属
学名 Citrullus lanatu
外国語名 watermelon
生産地 島原市、雲仙市、南島原市、西海市
栽培情報 水はけのよい土壌で、水分管理を行って育てる。
歴史背景 すいかの伝来には諸説あるが、その一つが1579年にポルトガル人が長崎に持ち込んだというもの。
時期 4月中旬〜8月
特徴 糖度が13度前後と高く、シャキッとした食感が特徴。4月中旬から8月中旬まで収穫できる。代表品種として、いのししの赤ちゃんのような楕円形をした「うり坊」、5月から8月中旬まで収穫でき、ラグビーボール型をしていて果皮が2mm程度と薄い「マダーボール」、7月から8月に収穫でき、果皮が濃い緑色で果肉も特に赤い「ひとりじめBonBon」の3品種がある。
調理法 あまり冷やしすぎないほうがよい。常温で保存し、食べる少し前に冷蔵庫に入れるとよい。
栄養 糖質やβ−カロテン、カリウム、シトルリンなどを多く含む。
問い合わせ先 めぐみの長崎
https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kanko-kyoiku-bunka/kanko-bussan/megumi/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。